ワンピース – Raw 【第1072話】

尾田栄一郎の壮大なサーガ『ONE PIECE』の最新作は、スリリングな驚きと発見を提供し続けている。第1072章では、ジュエリー・ボニーと謎めいたドクター・ベガパンクとの劇的な対決が描かれる。

物語が展開するにつれ、我々はボニーの力の大きさを知り、ベガパンクの秘密を掘り下げる。さらに、隠された出自を持つキャラクター、ステューシーが絡む予想外の展開も目撃される。今回は、チャプター1072の重要な出来事を、さまざまな見出しをつけながら掘り下げていく。

ワンピース – Raw 【第1072話】

ワンピース 第1072話 - 1
ワンピース 第1072話 - 2
ワンピース 第1072話 - 3
ワンピース 第1072話 - 4
ワンピース 第1072話 - 5
ワンピース 第1072話 - 6
ワンピース 第1072話 - 9
ワンピース 第1072話 - 10
ワンピース 第1072話 - 11
ワンピース 第1072話 - 12
ワンピース 第1072話 - 13
ワンピース 第1072話 - 14
ワンピース 第1072話 - 15
ワンピース 第1072話 - 16

ボニーの騙し討ち

この章はジュエリー・ボニーとベガパンク博士の思いがけない出会いから始まる。最初は何かを壊して泣いている子供として登場したボニーは、すぐにその真意を明かす。

彼女は年齢を自在に変えられる特異な能力を生かし、「歪んだ未来」と呼ばれる必殺技で筋肉質な姿に変身してベガパンクに襲いかかる。この突然の欺瞞に満ちた攻撃は、高難易度の対決の舞台となる。

ベガパンクの回帰

慈悲を求めるベガパンクの懇願にもかかわらず、ボニーは “エイジ・スケア “攻撃で彼を打ちのめし、その結果、ベガパンクは幼児の姿に退行してしまう。

この衝撃的な変化により、ベガパンクはまったく無力となり、ボニーが振るう驚異的な力が強調される。彼女の力がもたらす結末と、それがワンピース世界の未来にどのような影響を与えるかについて、疑問を投げかけている。

ボニーの真実の探求

ベガパンクが動けなくなった今、ボニーは彼を尋問する機会をつかむ。彼女は、なぜベガパンクがバーソロミュー・球磨の人格を奪ったのかを知るよう要求する。しかしベガパンクは口を閉ざし、真実を明かせばボニーを苦しめるだけだと言う。彼はまた、クマと交わした秘密を守る約束についても言及し、クマの過去をめぐる謎をさらに深めている。

一方、この章ではバーソロミュー・球磨が登場し、彼はレッドラインを越える決意を固める。海兵隊の抵抗に遭いながらも、クマは任務に固執する。このサブプロットは、クマの動機とベガパンクの実験とのつながりについて疑問を投げかける。謎めいたウォーロードをめぐる陰謀がさらに深まる。

ボニーの発見

エッグヘッド・アイランドに戻ったボニーは、ベガパンクの説明、特にクマが人間性を放棄したことに関する説明を受け入れようとしない。調査の結果、彼女はクマの足跡が描かれた巨大なドアにたどり着く。

年齢を変える能力を使ってドアを開けたボニーは、肉球の形をした巨大な泡という驚くべき発見をする。この発見をきっかけに、ベガパンクはクマとの過去の交流を回想する。

ベガパンクの研究とクマの記憶

ベガパンクのフラッシュバックから、彼はウエストブルーの科学者が提唱した「人は死ぬと21グラム失うが、これは魂の重さを象徴している」という仮説に魅了されていることがわかる。

ベガパンクは記憶や想像力のような無形の概念に興味を持ち、球磨の「にきゅうにきゅうの実」の力を使ってこれらの概念に物理的な形を与え、他人に移そうと考えていた。

この研究における久馬の役割は、彼のキャラクターに複雑な層を加え、肉球の形をした泡の正体が明らかになることで、深遠な疑問が投げかけられる。

ステューシーの衝撃的な正体

ラボフェイズ号で、麦わらの一味はロブ・ルッチとセラフィムと対決し、悲惨な状況に直面する。圧倒的に不利に思えるが、シャカからの意外な暴露が、セラフィムの独立した意思決定能力に光を当てる。この予期せぬ展開は、麦わらの一味が再び状況をコントロールできる可能性を示唆している。

衝撃的な展開として、以前はCP0に関係していたキャラクター、ステューシーがカクの首に噛みついて眠らせる。そして彼女は、悪名高いロックス・パイレーツのメンバー、ミス・バッキンガム・ステューシーのクローンであるという正体を明かす。

この暴露は、ステューシーをめぐる陰謀を深めるだけでなく、彼女とロックス海賊団とのつながりの意味や、彼女が握っているかもしれない秘密についての疑問を投げかける。

まとめ – ワンピース raw

ワンピース第1072章は、アクション、暴露、陰謀の魅惑的なブレンドを提供する。ジュエリー・ボニーの欺瞞に満ちた攻撃とベガパンクの後退は、彼女の力の大きさとクマの過去を取り巻く謎を示す。

一方、クマの執拗な登攀とボニーの発見は、まだ明かされていないより深い秘密を暗示している。この章では謎めいたステューシーも登場し、彼のクローンであることが、進行中の物語に複雑なレイヤーを加えている。

尾田栄一郎が複雑な物語を紡ぎ続ける中、ファンはワンピース世界の謎をさらに解き明かす次章を心待ちにしている。

ワンピース1072話 raw, ワンピース1072話 raw, One Piece 1072 raw, One Piece 1072, ワンピース1072, ワンピース1072 raw, One Piece Chapter 1072 raw ワンピース 1072 raw, One Piece raw 1072, ワンピース 1072raw, ワンピース1072raw

関連記事
ワンピース 第1073話
ワンピース全エピソード
ワンピース 第1071話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です