ワンピース – Raw 【第698話】- 漫画ロウ 漫画 raw

「ワンピース 698 Raw」では、パレスプラトーの様々な出来事が繰り広げられています。このエピソードでは、さまざまなキャラクターたちが激しい戦いと感情の対立に巻き込まれます。以下では、エピソードのハイライトを詳しく紹介します。

ワンピース – Raw 【第698話】

シュガーの人形たち

パレスプラトーの3階では、キャベンディッシュはシュガーのくるみ割り人形たちが自動的に壊れるのを見て驚きます。まもなく、くるみ割り人形たちは再び人間に戻り、各くるみ割り人形を作るのに8人もの人間が使用されていたことが判明します。

バルトロメオは再びバリアを作れることを喜び、キャベンディッシュはシュガーが彼女自身の使用人を使っておもちゃを作ったことに怒りを表します。また、グラディウスはシュガーが再び敗北したことに不快感を抱きつつ反省します。

一方、シュガーの使用人たちは彼女が再び気絶しているのを見て驚きます。おもちゃにされた使用人たちは、永遠におもちゃのままでいるのではないかと心配して話しますが、グラディウスはそれは不可能だったと安心させます。

パレスの4階での出来事

パレスの4階で、ルフィは傷ついたベラミーが地面に倒れているのを見て心配を表現し、かつて敵同士だったことを知っているドフラミンゴを楽しませます。ルフィはそれは過去のことであると述べ、ベラミーを手放すようにドフラミンゴに告げます。

しかし、ドフラミンゴはベラミーが死を望んで自分のもとに来たと言い、それが彼のやり方だと説明します。ルフィはベラミーがドフラミンゴに対する絶対の忠誠心を思い出しながら、ベラミーが変わったことを怒りながらも伝えます。

そして、ルフィは力を使ってドフラミンゴの足で彼を襲おうとしますが、ローがそれを警告するにもかかわらず。しかし、ドフラミンゴはベラミーを盾にしてルフィの蹴りから身を守り、ルフィはベラミーの顔に蹴りを入れてしまい、ベラミー自身も驚きます。

ルフィはベラミーを傷つけてしまったことに急いで謝罪し、ローは怒りを抑えるように彼に叫びます。それをしなければ、ドフラミンゴの手にかかる可能性があると警告します。ローはルフィが感情を制御できなくなることは、自分にも同じことが起きたのと同じであり、ドフラミンゴを非情な男と呼びます。突然、トレーボルはルフィがベラミーを蹴ったことに笑い出し、ルフィをさらに怒らせます。

結論 – 漫画ロウ 漫画 raw ワンピース raw

「ワンピース 698 Raw」は、パレスプラトーでの緊迫した瞬間と感情の対立を描いたエピソードでした。キャベンディッシュ、バルトロメオ、グラディウス、そしてシュガーの使用人たちは、シュガーの能力の影響を受けつつも、それぞれの感情と戦い方を示しました。

一方、ルフィはベラミーとの再会で複雑な感情を抱きながら、ドフラミンゴに立ち向かう覚悟を決めました。次回エピソードでの展開が楽しみです。

One Piece raw 698, 漫画bank ワンピース 698 raw manga, 漫画 raw ワンピース 698raw, 無料漫画 ワンピース698raw, One Piece 698 raw, One Piece 698, 漫画raw ワンピース698話 raw, 漫画play ワンピース698話 raw, 漫画ロウ ワンピース698, 漫画ロウ ワンピース698 raw, One Piece Chapter 698 raw

無料漫画 ワンピース698話 manga raw, 漫画ばんく ワンピース698raw, 漫画play ワンピース698, 漫画ロウ ワンピース698 raw manga1001, 漫画 raw ワンピース 698raw, 漫画無料 ワンピース698話 raw manga1000

, قطعة واحدة 698, وان پیس 698, ون بيس 698 Уан Пийс 698, Эйтиро Ода 698, 海贼王 698, 航海王 698, 원피스 698, वान पीस 698, One Piece 698, Վան Փիս 698, Ван Пис 698, וואן פיס 698, وەن پیس 698, वान पिस 698, Budak Getah 698, Đảo Hải Tặc 698, Большой куш 698, 海盗路飞 698, ওয়ান পিস 698, ஒன் பீஸ் 698, วันพีซ 698, ဝမ်းပိစ် 698, 海賊王 698, ዋንፒስ 698, ワンピース 698

関連記事
ワンピース 第697話
ワンピース全エピソード
ワンピース 第699話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です