ワンピース – Raw 【第482話】

ワンピース 482 Rawでは、マリンフォードが崩壊の危機に瀕しており、ホワイトベード海賊団の一部のメンバーが船長を置いて去りたくない状況が描かれています。

怒りに燃えるホワイトベードは彼の部下に避難するように命じます。同時に、マリンは大規模な戦闘を続け、海賊団の一員であるホワイトヒゲが槍を振り下ろし、一部の兵士を吹き飛ばす場面も展開されます。この記事では、ワンピース 482 Rawの出来事を詳細に報告し、適切な見出しを使用してお届けします。

ワンピース – Raw 【第482話】

マリンフォードの崩壊

マリンフォード島が壊れ始め、その島の中にいる多くのマリンたちにとって危険が迫っています。ホワイトベードの海賊団の一部のメンバーは、自身の船長を置いて去りたくないという決断を下します。ホワイトベードの怒りを買ってしまった彼らに対し、船長は避難するように指示を出します。

ホワイトベードの抵抗

ホワイトベードは自身の力を駆使してマリンフォードに猛攻を仕掛けます。彼は槍を振り下ろし、一部のマリンたちを吹き飛ばします。しかし、その一方でホワイトベードの海賊団の一部のメンバーは絶望の中にいます。しかし、フォッサはホワイトベードの意志を守るべきだと語ります。

こうして、海賊団は島を後にし始め、ルフィは静止したエースに呼びかけます。一方、マルコもホワイトベードの状況に絶望しています。

ガルディーノの奮闘

ガルディーノは自身の腕前に自信を持ち、エースの救出を成功させようとします。しかし、彼は一部のマリンたちによって襲撃されそうになります。そこで、彼はワックスの亀の殻を使用して自己防御を行います。ガルディーノは兵士たちに、自身のスキルはまだ衰えていないことを語ります。彼は銃撃を免れつつ逃げ出します。

マリンフォード島がホワイトベードによって襲撃される中、センゴクは島全体を沈め、すべてのマリンを連れ去ろうとするホワイトベードの意図を理解します。一方で、ガープは復活し、古き時代が終わりつつあると感じています。

サボンディ諸島の懸念

サボンディ諸島の住民たちは、ホワイトベードが仲間たちを裏切ったのではないかという不安を抱いています。彼らはバギーが戦闘の様子を遮断したことを振り返ります。一方、バギーはデンデンムシが自身の意志を宣言し、ホワイトベードを打倒することを望むと怒っています。しかし、デンデンムシは中に引っ込んでしまっており、バギーはそのまま待つことになります。しかし、突如としてデンデンムシが涙を流して姿を現します。

かつての囚人たちは、バギーが世界征服の意志を宣言するべきだと提案します。そして、バギーは自身の演説を始めることを決意します。

結論

ワンピース 482 Rawでは、マリンフォードの崩壊、ホワイトベードの抵抗、ガルディーノの奮闘、マリンフォードの危機、サボンディ諸島の懸念、そしてバギーの決意というさまざまな出来事が展開されています。次回の展開がますます興味深いものとなることでしょう。

One Piece raw 482, 無料漫画 ワンピース482raw, One Piece 482 raw, 漫画 raw ワンピース 482raw, One Piece 482, 漫画bank ワンピース 482 raw manga, 漫画play ワンピース482話 raw, 漫画ロウ ワンピース482, 漫画ロウ ワンピース482 raw, 漫画raw ワンピース482話 raw, One Piece Chapter 482 raw

漫画無料 ワンピース482話 raw manga1000, 無料漫画 ワンピース482話 manga raw, 漫画play ワンピース482, 漫画ロウ ワンピース482 raw manga1001, 漫画ばんく ワンピース482raw, 漫画 raw ワンピース 482raw

, قطعة واحدة 482, وان پیس 482, ون بيس 482 Уан Пийс 482, 海賊王 482, ዋንፒስ 482, ワンピース 482, Эйтиро Ода 482, वान पीस 482, One Piece 482, ஒன் பீஸ் 482, วันพีซ 482, Վան Փիս 482, 海贼王 482, 航海王 482, 원피스 482, Ван Пис 482, וואן פיס 482, وەن پیس 482, वान पिस 482, Большой куш 482, 海盗路飞 482, ওয়ান পিস 482, Budak Getah 482, Đảo Hải Tặc 482, ဝမ်းပိစ် 482

関連記事
ワンピース 第481話
ワンピース全エピソード
ワンピース 第483話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です