ワンピース – Raw 【第463話】

「ワンピース 463 Raw」で、我々はルフィがゲッコー・モリアとの壮絶な闘いに挑む場面を目撃します。船外でオーズが船に干渉していることに気付かない中、ルフィは島全体が揺れる原因を考えています。

ゲッコー・モリアの拠点に到着したルフィは、海賊団の一味、ブルック、そして以前会った老人の影を取り戻すことを要求します。モリアは、どのようにしてそれらの影を取り戻すつもりか尋ね、ルフィはモリアを倒すと答えます。しかし、海賊団の一味がモリアを倒しても、ゾンビたちはそのまま影を保持し続けることをモリアが説明します。

彼の能力によって影を操ることができ、影を元の持ち主に戻す唯一の方法は、モリアがそれを命じることです。モリアはルフィがそれを強制するにはあまりにも弱すぎると言い、ルフィは「ゴムゴムのピストル」でモリアを攻撃しようとします。腕の影が出現し、モリアはそれを「ドッペルマン」と紹介します。

ワンピース – Raw 【第463話】

ドッペルマンの正体

ルフィはドッペルマンが何かを不思議そうに思いますが、モリアは過去に自分の力に取り憑かれていたことを説明します。彼はその後、強力な部下を持つ価値を見出し、他人の能力だけを使って海賊王になる計画を立てました。

ルフィは「海賊王は俺がなるんだ!」と怒りを露わにします。モリアはルフィの影も同じことを言っていたと指摘し、その影は期待通りに彼の意志が強く表れているようです。しかし、それは時間の問題であり、影がルフィであることのすべての記憶を失ったら、モリアに完全に服従するでしょう。

影を取り戻すための戦い

再びモリアはルフィに影を返すように要求され、ルフィはドッペルマンに強力な首蹴りを叩き込み、「ゴムゴムのガトリングガン」で追撃します。この攻撃はドッペルマンから一部を壊すように見えますが、モリアは「ブリックバット」を使用し、影の一部が小さなコウモリに変わってルフィのパンチの衝撃を吸収します。

ルフィは本物のモリアには当たらないことに気付きます。コウモリたちは彼を覆い、何か所かを噛みついた後、再びドッペルマンに戻ります。モリアは若い者がグランドラインを過小評価すると、恥ずかしい結末にしかならないと指摘します。

ルフィの奮闘

ルフィは船の手すりを飛び越え、モリアとドッペルマンの驚きを引き起こします。ルフィは伸縮させて手すりを掴み、モリアを地下に蹴り落とす「ゴムゴムのスタンプ」を使用します。

モリアがその技がどれだけ痛かったかを表現すると、ルフィはモリアをからかいます。モリアは触れられないと言ったのに。

結論

「ワンピース 463 Raw」では、ルフィとモリアの壮絶な戦いが繰り広げられています。モリアの影の力とルフィの意志がぶつかり合い、どちらが勝つのかが注目されます。

次回のエピソードでは、この熾烈な闘いがどのように展開するのか、そしてルフィが影を取り戻すためにどのような努力を重ねるのかが気になります。続報をお楽しみに!

One Piece raw 463, 無料漫画 ワンピース463raw, One Piece 463 raw, 漫画 raw ワンピース 463raw, One Piece 463, 漫画bank ワンピース 463 raw manga, 漫画play ワンピース463話 raw, 漫画ロウ ワンピース463, 漫画ロウ ワンピース463 raw, 漫画raw ワンピース463話 raw, One Piece Chapter 463 raw

漫画無料 ワンピース463話 raw manga1000, 無料漫画 ワンピース463話 manga raw, 漫画play ワンピース463, 漫画ロウ ワンピース463 raw manga1001, 漫画ばんく ワンピース463raw, 漫画 raw ワンピース 463raw

, قطعة واحدة 463, وان پیس 463, ون بيس 463 Уан Пийс 463, 海賊王 463, ዋንፒስ 463, ワンピース 463, Эйтиро Ода 463, वान पीस 463, One Piece 463, ஒன் பீஸ் 463, วันพีซ 463, Վան Փիս 463, 海贼王 463, 航海王 463, 원피스 463, Ван Пис 463, וואן פיס 463, وەن پیس 463, वान पिस 463, Большой куш 463, 海盗路飞 463, ওয়ান পিস 463, Budak Getah 463, Đảo Hải Tặc 463, ဝမ်းပိစ် 463

関連記事
ワンピース 第462話
ワンピース全エピソード
ワンピース 第464話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です