ワンピース – Raw 【第194話】– 漫画ロウ 漫画 raw

アルバーナの街頭で、ミスター・ワンはロロノア・ゾロに語りかけます。彼はスーパ・スーパの実を手に入れたことから、一本の髪の毛すら斬られたことがなく、ゾロが勝つことは不可能だと言います。ゾロは、彼に考慮すべきことを教えていただけだと応え、以前誰と戦ったのかは知らないが、それを変えるつもりだと述べます。

ミスター・ワンは急襲し、ゾロは単なる大言壮語だと言います。ゾロは彼を「禿げ頭」と呼び、二本の剣で彼の脚斬りを防ぎます。両者とも相手がどれだけ持ちこたえられるか疑問に思い、ミスター・ワンは回転し、手を刃に変え、ゾロに打撃を与えます。ゾロは一連の攻撃を成功裏に防ぎ、頭に向けられた脚斬りをかわします。

ゾロは三番目の剣を口にし、鬼斬りでミスター・ワンを攻撃し、トラ狩りに続け、ミスター・ワンを地面に叩きつけます。しかし、この暗殺者は全くダメージを受けず、ゾロに彼が告げたことを尋ねます。ゾロは、彼に傷ひとつないことに驚き、自分の攻撃を受けても立っている者には会ったことがないことに気付きます。ミスター・ワンは、これは今までの瞬間、ゾロが彼に出会ったことがなかったからだと言います。

ワンピース – Raw 【第194話】

ミスター・ワンの凄絶な攻撃

ミスター・ワンは刃物の蹴りを続け、ゾロはかろうじてそれをかわします。ゾロはミスター・ワンの能力に気づき、彼は体中に刃を作ることができ、実質的に刃だらけの体を作り出していることに気付きます。ミスター・ワンはゾロの頭を蹴りますが、ゾロはかわして転がり、攻撃をかわします。

ミスター・ワンはスパーキング・デイジーの攻撃でゾロを襲い、ゾロの後ろの建物を切り裂き、彼をがれきに飛ばします。がれきの下で出血しながら、ゾロはもっと修行しなければならないと言います。彼は何が足りないのかを考え、剣の師匠であるコウシロウとの会話を思い出します。

ゾロは、鋼鉄を斬ることができる剣士がいるのか尋ねました。コウシロウは紙すら切れなかった後、真の剣は剣士が守りたいものだけを守り、切りたいものだけを切るとゾロに語りました。

リアルタイムに戻ると、ミスター・ワンはゾロにまだ斬られていないと告げ、斬られるのを待っていると言います。ゾロはミスター・ワンに自分を甘く見ないようにと言い、建物の大部分を持ち上げ、ミスター・ワンに向けて投げます。鋼鉄を切る方法を学べば、それがミスター・ワンの終わりになるだろうと述べます。ミスター・ワンは単純に、彼に向かってくるものは何でも破壊するだけだと言います。

結論 – 漫画ロウ 漫画 raw ワンピース raw

ワンピース第194話の原稿は、ゾロとミスター・ワンの壮絶な戦いに焦点を当てています。ミスター・ワンの不可解な能力に立ち向かうゾロは、彼の剣術の限界を超える方法を模索しています。

この戦いはさらなる興奮が待ち受けており、ゾロが鋼鉄を切る方法を見つけることができるのか、そしてミスター・ワンに立ち向かうことができるのか、次回のエピソードが待ち遠しいです。

One Piece raw 194, 漫画raw ワンピース194話 raw, One Piece Chapter 194 raw, 漫画ロウ ワンピース194 raw manga1001, 無料漫画 ワンピース194raw, One Piece 194 raw, 漫画 raw ワンピース 194raw, 漫画ロウ ワンピース194, 漫画ロウ ワンピース194 raw

漫画無料 ワンピース194話 raw manga1000, 漫画 raw ワンピース 194raw, One Piece 194, 漫画play ワンピース194話 raw, 無料漫画 ワンピース194話 manga raw, 漫画play ワンピース194, 漫画ばんく ワンピース194raw, 漫画bank ワンピース 194 raw manga

Đảo Hải Tặc 194, ဝမ်းပိစ် 194, قطعة واحدة 194, وان پیس 194, ون بيس 194 Уан Пийс 194, Эйтиро Ода 194, वान पीस 194, วันพีซ 194, Վան Փիս 194, 海賊王 194, ওয়ান পিস 194, Budak Getah 194, ዋንፒስ 194, ワンピース 194, 海贼王 194, 航海王 194, 원피스 194, Ван Пис 194, וואן פיס 194, وەن پیس 194, वान पिस 194, Большой куш 194, 海盗路飞 194, One Piece 194, ஒன் பீஸ் 194

関連記事
ワンピース 第193話
ワンピース全エピソード
ワンピース 第195話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です